window.dataLayer = window.dataLayer || []; function gtag(){dataLayer.push(arguments);} gtag('js', new Date()); gtag('config', 'UA-112383742-1');            
   トップページ < プロフィール


トップページ
相続 遺言
家族信託 民事信託
在留許可申請
帰化申請
内容証明
車庫証明 出張封印

各種許認可
会社設立 団体設立
契約書作成
法務顧問契約

瀬川のプロフィール
御依頼の流れ
報酬額
お問い合わせ
瀬川行政書士事務所の案内
対応地域

瀬川のブログ
瀬川行政書士事務所
サイトマップ
















































































































































瀬川行政書士事務所に依頼するメリット

全国に行政書士は4万人いますが、この人数はコンビニエンスストア上位3社(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート)の合計店舗数の約38,000件よりも多く活躍していることになります。


しかし実際は、登録だけをしている行政書士も多く、平均年齢も高くなっています。


実際幅広く活動している行政書士がどのぐらいいるのかはっきりわからないのですが、特に高齢の行政書士は、専門分野を絞って活動している方も数多くいらっしゃいます。


当事務所代表の瀬川にしても、50歳代ではありますが、過去に経験を生かして、民事法務を中心に活動はしております。


日本行政書士連合会のホームページを見て頂くとお解りの通り、行政書士の活動は幅広い分野に亘っています。


さすがに全ての分野をカバーすることは実際難しいので、ある程度の業務範囲は絞っておりますが、なるべく多くの分野をカバー出来るようにと日々勉強しております。


左上のバナーに列挙しております業務については、御依頼をお受けすることは出来ますが、これ以外の知的財産権・性風俗許可申請については、まだ未熟な為御依頼をお受けすることが出来ません。


皆さんにとって、行政書士に仕事を依頼しなければならない理由は数多くあると思われます。


官庁への許認可については、書類1枚・1文字間違っていても、申請を受け付けてもらえない場合があります。


会社を作る時は、自分の新規事業について、どのような形態がふさわしいのか(株式会社・NPO法人・合同会社など)がわからない。


契約書作成については、作り方によっては自分の会社に不利になる条項を入れられてしまう可能性があります。


相続については、生前に対応を考えておかないと、相続が”争続”になってしまいます。


内容証明については、クーリングオフや様々なトラブルについて、自己主張を認めてもらえない事も考えられます。


帰化申請・在留許可については、下手すると強制送還など、日本での生活そのものが崩壊するかもしれません。


車庫証明・出張封印については、仕事をしておられる方でしたら平日に3日(車庫証明に2日・陸運支局に1日)有給休暇を入れなければなりません。


以上のように、日常生活を送っていく中で、どうしても様々な悩み・トラブルは発生します。


手続が解らない複雑で手におえないなんて面倒なことになってしまったんだ・・・  となった時に、専門家を利用する価値が出てきます。


私の場合ですと、相続の手続きで縁が出来た方が、交通事故に遭ってしまったとか、工場の許認可はもらったが、資金的に厳しく融資を考えたい、など、一生のうちに何度かトラブルがあり、その中で再び御依頼をお受けすることも考えられます。


一度ご縁が出来ると、後に何か問題が発生したとしても、私の人柄をわかって頂いている方については、おそらく一生のご縁になれると自負しております。


他の行政書士に限らず、弁護士・司法書士・税理士・社会保険労務士などのホームページを見ても、まず書いてあるのは”誠心誠意で・・・””御客様第一に・・・”などの文字が躍っていますが、士業と言われる専門家が、御客様の悩みにこたえるのは当然のことで、皆様にとっては結局のところ、どういう基準で専門家を選べばいいのかわからないと思います。


士業の”売り”は、結局のところ””です。


”士業は人を・自分を売ります”


では私は皆様に買って頂ける人間かどうかと言うと、これも皆様の判断にお任せするしかありません。


一つ皆様の判断材料として提供したいのは、例えば在学中に各種試験に合格し、卒業後そのまますぐに専門士業として世の中に出てきたような若者について、確かに頭は優秀ですべての事に論理的に解答を出せるのかもしれませんが、社会に出てくる以上、社会にあるルールを理解して専門家としての活動が出来てこそ一流の専門家と言えると思います。


法律ではこう書いてますから、結果はこうなります!”と言うのは、非常に簡単なことで、少し勉強すれば誰でも出来ます


そうではなく、例えば相続一つにしても、事象的には同じでも、家によって10軒あれば10通りの解決法を考えなければなりません。


そのような解決方法を探すことが出来るようになる為には、ある程度の社会経験や失敗が必要になってきます。


私も今まで多くの経験を積み重ねてきました。


私という人間を理解してもらうためには、まず一度お声を掛けて頂くか、メール連絡を頂くしかありません。


別に世間話でも結構です(すいませんが、打ち合わせ中は、出来れば後ほどにして頂ければ助かります)。


その話の中で、私と言う人間が気に入って頂けるのでしたら、その後もう少し深いところまでお話し頂ければと存じます。


もし気に入らなければ、すぐに受話器を置いて下さい。


サービス業が長かった関係上、自分で言うのもなんですが、1分ぐらい世間話をすれば、相手様がどうい人かが、大抵わかります。


こちらには、専門家としての知識・経験は十分にあります。


大抵のことについては、解決方法をご提案する自信もあります。


一緒に笑ったり、泣いたりすることもあります。


手を取って”バンザイ\(^o^)/”することもあります。


一緒に困難な課題を解決することによって、御客様と共に喜びを分かち合えるような、血の通った温かい専門家を目指しています。


専門家は敷居が高い”というイメージは、なかなか拭えません。


そのせいで、御客様も専門家に依頼しにくいという現状も、私は理解しているつもりです。


また高額の費用を請求されるというイメージもあるかもしれません。


費用については、各ページに詳細に掲示していますし、実際に費用的に大変だということであれば、それも含めて御相談頂いても大丈夫です。


困った時に、皆様のすぐ後ろに控えていて、振り向けば瀬川がいる!というのが、私の理想です。


影に日向に、皆様のサポートをさせて頂ければと存じます。


それでは詳しくはお電話・メールにて・・・



Copyright(C) 2012 瀬川行政書士事務所 All Rights Reserved.